履歴書の書き方

●履歴書の各項目 記入時の注意・ポイント
●学歴の書き方
●職歴の書き方
●免許や資格 何を書けばいい?
●気をつけて! 志望動機のNGワード集
●パートや非常勤での応募 履歴書の書き方は?
●履歴書で差を付けよう! 履歴書記入の心得!

【Point!】履歴書を記入する時は必ず、黒のボールペンで記入しましょう。誤字や脱字があった際には、修正液や修正テープで修正するのではなく、新たな履歴書用紙で書き直すようにしましょう。

◆履歴書の各項目 記入時の注意・ポイント◆
これまで何気なく書いていたかもしれない履歴書、実際はどう書くのが正しいの?なんて、思ったことはありませんか?
ここでは履歴書の基本的な書き方やポイントをまとめています。

日付:日付は、履歴書を作成した日付ではなく、履歴書を提出する日を記入しましょう。面接時の提出は面接日付、郵便での提出はポストへ投函する日付を記入します。

証明写真:履歴書は正式書類ですので、写真撮影をする時の服装はスーツで、女性の方はメイクを薄くし、髪の毛は顔にかからないよう、後ろでまとめるなどして清潔感を意識しましょう。写真は必ず3ヶ月以内に撮影したものを使用しましょう。

年齢の表記:“満○歳”となっているものは、記入時の年齢を記入しましょう。

住所:都道府県やマンション名など、省略せずに記入をしましょう。

連絡先:固定電がない場合は、携帯電話の番号でも大丈夫です。日中、連絡のとりやすい番号であることが重要です。

メールアドレス:普段使用している、個人のメールアドレスを記入しましょう。電話番号同様、頻繁に確認ができるものであることが重要です。

◆学歴の書き方って?◆
基本的には「高等学校卒業」からで大丈夫です。
しかし、空欄が多くあいてしまうようであれば、「中学校卒業」からでも問題ありません。学校名や学部、学科名などは全て略せずに正式名称で記入しましょう。また、かならず1行名の中央に「学歴」という見出しを付け加えてから記入するようにしましょう。

◆職歴の記入ポイント◆
職歴は、採用者が合否を決める上で一番重視する欄になります。履歴書の中で最も重要な部分と言っても過言ではありません。
慎重に、明確に、わかりやすく表記するようにしましょう。

*見出しは「職歴」と中央に書きましょう。(学歴と同様)

*正しい時系列で記入しましょう。今までの経歴は全て上から過去順に正しい時系列で表記をしましょう。

*会社名や法人名は全て省略せずに、正式名称で表記しましょう。株式会社⇒㈱ 有限会社⇒㈲ 等の表記はNGになります。(アルバイトやパートの経験なども含めて、全て正式名称で記入しましょう。)

*業務内容や施設の規模など行っていた業務の内容や施設規模などは、採用者に対し自身がどのようなスキル・経験があるのかうぇお明確に理解してもらえるチャンスです。具体的且つ、完結にまとめるように心がけましょう。

*異動は年月、施設名も合わせて記入します。(就業した企業・法人が複数の施設を運営している上で、異動をした方がある方のみ。)

*注意!会社・法人によって表記が違います。株式会社や有限会社:「入社」「退社」 NPO法人や社会福祉法人:「入職」「退職」

*最終職歴の下の行には、「現在に至る」と表記。更に下の行に右詰めで「以上」と表記することを忘れないよう注意しましょう。

◆免許や資格 何を書けばいい?◆
複数の資格を持っている場合は「介護の仕事に関係のあるものだけ」を記入しましょう。また、現在資格取得に向けて勉強中であった場合は、取得予定日をかならず明記しましょう。自身の人柄を知ってもらう上で、一番伝わりやすいのが「趣味・特技」です。面接の際に話題になりやすいので、相手がどのような質問をするか、どのように会話を広げるかなどを想定して書くと良いでしょう。

◆パートや非常勤の方へ 履歴書の基本講座◆
パートや非常勤であっても、正社員での応募と変わらない心構えでの記入を心がけましょう。ポイントは2つ!「前職での勤務形態」と「役割」です。 採用者が見たときに、「何時間程度の勤務が可能か」「どのような業務が可能か」が判断しやすくなります。前職が正社員以外の雇用形態だった場合は「週○日、○時間程度勤務」と具体的に明記しましょう。また、担任経験の有無や、自身のついていた役割などを明記するとより良いでしょう。

◆気をつけて! 志望動機のNGワード集◆
 参考:https://01intern.com/magazine/archives/1803

*成長したい・学びたい*
自身は向上心があることを表現したいからこそ使うワードかもしれませんが、就職にあたってこれはNGです!学ぶ場所は学校などの教育を受ける場でのことで、職場ではありません。つい使ってしまいがちではありますが、「入職後、どのように貢献したいか」を書くようにしましょう。具体的に書くことで、熱意は十分伝わります。

*これまでの経歴で、「どのようなことを行ったか」はあるが「なぜ行ったか」がない*
「○○部で部長として部をまとめていました」という経歴があっても「なぜ部長として部をまとめようと思ったのか」という点が書かれていない場合がよくあります。行ったことの結果だけではなく、その経緯も書き、どのようなことを学べたのか等を合わせて書けると良いでしょう。

*給与や待遇面を魅力に感じていることを書くのはNGです!*
給与や待遇など、勿論重視してしまうのはみな同じです。しかし、それはあくまで個人的な条件に一致するというだけのことで、志望する理由にはなりません。

*志望動機が漠然としている*
よくある例では、「社風に魅力を感じて・・」などとても漠然としたもの。具体的でない志望動機は、相手にとってどのように活躍してくれるのか、というビジョンを見えづらくしてしまいます。「どこに行っても使える志望動機」ではなく、しっかりと園について調べ、より明確な志望動機を書くようにしましょう。
 

実は使ってはいけないNGワード集、いかがでしたか?
履歴書を見直してみて、うっかりNGを使っていないかチェックをしてみましょう。
また、履歴書は少し時間をおいてから読み返してみると、書いている時には気付けなかったことが気付けることもあります。
焦らず、じっくりと考えてより良い履歴書の作成に努めましょう。

◆履歴書で差を付けよう! 履歴書記入の心得!◆
介護で初めての就職をされる方や、経験が短くして転職をされる方、様々かと思います。ここでは採用へ導く履歴書の書く心得をご紹介します。

*文字を書くときの心得*
字の大きさは揃え、丁寧に、そしてキレイに書くように心がけましょう。近年、パソコンの普及が急速に進んではいますが、やはり保育士といえば手書きの書類がメインとなります。字を書くのが苦手・・・という方は、ぜひ文字の位置・大きさを揃えるよう心掛けてみてください。統一感を大切にすることで、全体のバランスが良くなりとてもキレイに見えます。

*自分の趣味や特技*
介護に関わりのあるものを書くようにしましょう。ピアノや歌は勿論、体力仕事ということもありスポーツが趣味・特技の場合は自身の強みになりますので、ぜひ記入しましょう。介護の仕事に活かせると思ったものを、なるべく記入するように心がけましょう。

*志望動機は具体的に*
自身が受けたいと思っている施設の理念や、方針をよく理解し、どのような人材を欲しているのかを考えましょう。志望動機は前向きな内容で、且つ具体的に書くことが重要となります。相手に伝えたいことを箇条書きにまとめてから、文章に起こすと具体的な内容に近づくのではないでしょうか。良いでしょう。